食品パッケージ

商品のデザインを依頼する

パッケージデザインは会社によって様々な形態と費用があります。そのためまずは注文の主軸となる依頼内容を確実なものとし、会社側の能力と提示できる費用から表現できるパッケージデザインを依頼することが大切です。

詳しく見る

デザイナー

客観的な色の評価

色の客観的な評価をするための方法として、色彩色差系を利用するという方法があります。色差を数値で表す頃ができるため、色に関する製品検査や新製品開発等に利用することができます。色彩色差計には、精度の良い卓上式のものから、持ち運びが可能な携帯式のものまで、用途に合わせて選択することができます。

詳しく見る

マンガを描く人

グッズを作って愛を広げる

好きな作品の二次創作オリジナルグッズを作れば、多くの人たちにキャラクターの愛情を拡散できます。オリジナルグッズは同人マーケットに参加してみたいけれどマンガを描けないと言う方でも作りやすいのです。イラストを完成させれば、グッズそのものは制作会社が作ってくれます。

詳しく見る

印刷物

デザインの重要性

商品を制作する場合、重視されるものとしてパッケージデザインがある。パッケージデザインを良くすることで、商品を選んでもらいやすくなる。業者では、時代に沿った趣向などを分析しており、効果的なデザインで作成してもらえる。

詳しく見る

色見本

色を正確に判断する必要性

色の3属性を数値化してくれる色彩色差計は、幅広い分野において、製品作りや品質評価で大いに役立てられています。具体的には、高いデザイン性を求められる自動車分野等では、独自性の強い色作りの際に必要となり、高い品質を求められる食品分野では、見た目と完熟度の絶妙なバランスを的確に捉える際に必要となります。

詳しく見る

グッズを販売したい時

印刷

自分の強みを活かす

日本には二次創作や一時創作の同人グッズを売るマーケットが成り立っています。オリジナルグッズを制作して多くの人たちに販売したい場合、まず何を作るか考えてみましょう。選択できる同人グッズはコップからTシャツ、bumperstickerまで作成することができるので幅が広いのです。同人グッズを制作する際にまず考えたいのがコストです。制作するアイテムのジャンルや品数によってコストは数万単位で変動しますので、細かく決めておきましょう。販売価格は制作コストに少し上乗せすることになりますが、数万円の同人グッズは名の売れているサークルやジャンルでないと完売しません。どの位の価格帯にすれば多くの人たちに買ってもらえるのかを考えた上で、コストとオリジナルグッズのジャンルを決めましょう。次に考えたいのが、自分の強みです。例えば人よりもカラーイラストが上手い場合、オリジナルグッズの中でもイラストを前面に押し出せるアイテムを制作しましょう。クリアファイルや下敷きはカラーイラストが上手い方にとって選びやすいオリジナルグッズです。逆にモノクロイラストが得意な方であれば、キャンバストートや眼鏡拭きのようにモノクロにした方がデザイン性が引き立つオリジナルグッズを制作します。オリジナルグッズは同人誌の印刷会社でも作ってもえらえますので、各会社が用意しているプランの中からグッズを決めるのも良いでしょう。どのような会社を使うのかによって製品の耐久性や印刷の出来が変わりますので、こだわりたいポイントに合わせて会社を選びます。また、会社によってはこのオリジナルグッズは作成不可ということもあるので、自身が作成したいと思うものに対応しているか確認した上で依頼先を決めると良いでしょう。例えば、orderstickersを作成したいと思っても不可の場合は別の印刷会社に依頼をすることになります。別々で依頼をするのが大変だという場合は色々な同人グッズを作ってくれる印刷会社を探してみると良いでしょう。また、依頼することでポイントが貯まる印刷会社であれば頻繁に利用することでお得になります。

Copyright© 2018 同人のオリジナルグッズを製作してみよう【コストは数万単位で変動】 All Rights Reserved.