客観的な色の評価

デザイナー

用途に合わせて選択

世の中には多くの工業製品がありますが、製造物として必ず求められる条件として、いつも同じ色に仕上げることが挙げられます。これは、製造物がいつもと同じ工程で作り上げられている場合、一定に範囲内に仕上げることができている証明ともいえ、取引上で色差として、検査項目に設定されていることが多いものです。この色については、人が見るものではあるものの、規格と一致しているかについては、人間の記憶はあいまいであるため、場合によっては評価結果について判断が分かれる場合もあります。そこで、色彩色差計で計測したときに数値を基準値として設定し、管理していくという方法が多く採用されています。色彩色差計は、標準となる白版を0、つまり色がないものとし、それぞれの比較により、色を数値として表すことができます。比較物との色の差を色差という数値で評価できることから、日頃の製品検査の合否判定、および新製品の評価基準などに利用することができるようになっています。色彩色差計には、使用用途によってさまざまな形状、精度のものが用意されており、持ち運びが可能な製品検査で使用される色彩色差計は、卓上式で周囲の影響を受けにくい環境に設定されることが多くなっています。また、持ち運びができない対象物に対しては、携帯できるハンディタイプの色彩色差計があり、角度も自在に変えることができるようになっており、用途に合わせて選択することが可能になっています。

Copyright© 2018 同人のオリジナルグッズを製作してみよう【コストは数万単位で変動】 All Rights Reserved.