色を正確に判断する必要性

色見本

色で品質を測る方法の魅力

人が物を見る際、無意識のうちに色の判別を行っていますが、基本的に、その判別結果には個人差が生じます。その為、色を正確に判断する要素として、色の3属性を把握する必要があります。つまり、色相、明度、彩度の各属性を数値化することで、色を画一的な判断材料として利用出来るようになります。実際に、その計測を可能にしてくれるのが、色彩色差計という製品です。色彩色差計のタイプに関しては、携帯性に優れたタイプから多様な試料に対応した高性能な据え置きタイプまで幅広く提供されています。特に、携帯性に優れたタイプは、高性能化も進み、屋内や屋外を問わず、複雑な条件下での測定にも十分に機能を発揮出来るようになりました。その為、幅広い分野において、製品作りや品質評価に色彩色差計が用いられるようになって来ました。色彩色差計を積極的に取り入れている分野として、自動車分野、家電分野、衣料分野が挙げられます。消費者のニーズの中には、機能性だけでなく、デザイン性への拘りを求めるケースが含まれている為、他社との差別化を図る上で、独自性の強い色作りに力を入れています。その他にも、食品分野では、野菜や果物の色合いで、品質や完熟度を判別する技術の確立に取り組み続けています。この技術を幅広い農作物に適用出来れば、効率的な収穫が可能になります。特に、果物に関しては、見た目と完熟度の絶妙なバランスを的確に捉えることが、品質を高める上で非常に大事な要素となります。

Copyright© 2018 同人のオリジナルグッズを製作してみよう【コストは数万単位で変動】 All Rights Reserved.